【LINE BOT】GASで作るLINE BOTの作り方

スポンサーリンク
LINE BOT

こんにちは!

業務でもプライベートも チャットボットを作ってる
「くら(@arukayies)」です!

Google Apps Script(通称GAS)で作成するLINE BOTの作り方を紹介します。

無料のGoogleアカウントさえあれば作成可能なので、ぜひチャレンジしてみてください!

ちなみにこちらが所属しているチームになります。
興味あったら覗いてください〜

スポンサーリンク

必要なもの

  • LINEアカウント
  • Googleアカウント

GASでコーディング

1 最初に「Googleドライブ」へアクセスします。

2 新規」→「その他」→「Google Apps Script」の順で押下します。

3 プロジェクト名を決めます。好きな名前を入力し、「OK」を押下してください。

4 main」処理を追加します。LINEからWebhockを受け取り、送られてきたイベントを処理します。

Webhockとは?

  • アプリケーションの更新情報を他のアプリケーションへリアルタイム提供する仕組みのことを言います。
  • ここではLINEの更新をGASに通知するという意味になります。
どんな処理?

  • LINEから送られてきたデータをdoPost(e)のeで受け取ります。
  • 受け取ったデータから、イベントタイプと返信するための宛先を取得します。
  • イベントタイプがmessageの場合、messageControllerにスクリプトプロパティのオブジェクト、送られてきたデータ、返信するための宛先を渡します。

5 messageController」処理を追加します。特定文字列が含まれていた場合に、返信メッセージを組み立てる処理をします。

どんな処理?

  • LINEから送られてきたメッセージを取得します。
  • メッセージにサンプルという文字列が含まれていた場合、サンプルサンプルサンプルという返信メッセージを組み立てます。
  • 組み立てられた返信メッセージはreplyLineに渡されます。その時にスクリプトプロパティのオブジェクト、返信メッセージ、返信するための宛先を引数として渡します。

6 replyLine」処理を追加します。LINEで返信する処理をします。

どんな処理?

  • LINE返信URLにPOSTリクエストを送るためのパラメータを組み立てます。
  • 組み立てたパラメータをLINE返信URLに送信します。

7 LINEのトークンをスクリプトプロパティに保存します。

  • ファイル」→「プロジェクトのプロパティ」の順で押下します。

8 スクリプトのプロパティ」を押下します。

9 プロパティに「LINE_TOKEN」、値に「前回取得したトークン」を入力し、「保存」を押下します。

ウェブアプリケーションの公開URLを取得

1 プログラムを外部に公開する設定を行います。「公開」メニュー→「ウェブアプリケーションとして導入…」を押下します。

2 バージョン」をNew、「アプリケーションにアクセスできるユーザ」を全員に設定します。入力が完了したら、「導入」ボタンを押下します。

3 承認画面が表示されるので、「許可を確認」→「アカウントを選択」→「詳細」→「sample(安全ではないページに移動)」→「許可」と順に押下します。

4 現在のウェブアプリケーションのURLをコピーします。コピーしたURLは次のLINE Developersで使います。

LINE DevelopersにWebhook URLを設定

1 LINE チャンネル設定のページに遷移し、「Webhook URL」の「編集」を押下します。

2 GASの公開URLを入力し、「更新」を押下します。

3 接続確認」を押下し、「成功しました。」と表示されたらOKです。

4 Webhookで応答させるための設定を行います。「自動応答メッセージ」の「設定はこちら」を押下します。

5 応答設定を以下のように設定します。

  • あいさつメッセージ:オフ
  • 応答メッセージ:オフ
  • Webhook:オン

6 作成したBOTの「QRコード」を読み込んで、LINEアプリでフレンド登録します。

話しかけてみた

サンプル機能

  • サンプル」としゃべると、「サンプルサンプルサンプル」と発言します。

まとめ

ブログラムについて

  • なるべくシンプルな作りになるようにプログラムしてみました。
  • 整理も兼ねてコードにはコメントを多く入れているので、理解の手助けになれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました