LINE BOT

GASで作る簡単なLINE BOTの作り方

LINE BOT
スポンサーリンク
くら
くら

こんにちは!

業務でもプライベートも チャットボットを作ってる

「くら(@arukayies)」です!

くら
くら

今回はGoogle Apps Script(通称GAS)で作成するLINE BOTの

簡単な作り方を紹介します。

無料のGoogleアカウントさえあれば作成可能なので、ぜひチャレンジしてみてください!

LINEBOTが動作している様子
LINEBOTが動作している様子
スポンサーリンク

必要なもの

  • LINEアカウント
  • LINEBOTのチャンネルアクセストークン
  • Googleアカウント
スポンサーリンク

【Google】GASのコードを登録する

1 最初に『Googleドライブ』へアクセスします。

2 『新規』>『その他』>『Google Apps Script』の順で押下します。

【Google】新規を押下する
【Google】新規を押下する
【Google】その他を押下する
【Google】その他を押下する

【Google】Google Apps Scriptを押下する
【Google】Google Apps Scriptを押下する

3 プロジェクト名を設定します。好きな名前を入力し、『OK』を押下してください。

【Google】プロジェクト名を入力する
【Google】プロジェクト名を入力する
【Google】プロジェクト名を入力し、OKを押下する
【Google】プロジェクト名を入力し、OKを押下する

4 コード.gs』に以下のコードを貼り付け、名前を『main』に変更します、

【Google】mainのコードを貼り付ける
【Google】mainのコードを貼り付ける
【Google】mainに名前を変える
【Google】mainに名前を変える

main処理の説明

mainの処理ではLINEからWebhockを受け取り、送られてきたイベントを処理します。

Webhockとは?

  • アプリケーションの更新情報を他のアプリケーションへリアルタイム提供する仕組みのことを言います。
  • ここではLINEの更新をGASに通知するという意味になります。

main処理の概要

  1. LINEから送られてきたデータをdoPost(e)のeで受け取ります。
  2. 受け取ったデータから、イベントタイプと返信するための宛先を取得します。
  3. イベントタイプがmessageの場合、messageControllerにスクリプトプロパティのオブジェクト、送られてきたデータ、返信するための宛先を渡します。

5 ファイル』>『New』 > 『スクリプトファイル』で新規にスクリプトを追加します。名前をmessageControllerに設定し、以下のコードを貼り付けます。

【Google】スクリプトを追加する
【Google】messageControllerを貼り付ける
【Google】messageControllerを貼り付ける

messageController処理の説明

特定文字列が含まれていた場合に、返信メッセージを組み立てる処理を行います。

messageController処理の概要

  1. LINEから送られてきたメッセージを取得します。
  2. メッセージにサンプルという文字列が含まれていた場合、サンプルサンプルサンプルという返信メッセージを組み立てます。
  3. 組み立てられた返信メッセージはreplyLineに渡されます。その時にスクリプトプロパティのオブジェクト、返信メッセージ、返信するための宛先を引数として渡します。

6 最後にreplyLine処理を追加します。以下のコードを貼り付けます。

【Google】スクリプトを追加する
【Google】replyLineを貼り付ける
【Google】replyLineを貼り付ける

replyLine処理の説明

LINEで返信する処理を行います。

replyLine処理の概要

  1. LINE返信URLにPOSTリクエストを送るためのパラメータを組み立てます。
  2. 組み立てたパラメータをLINE返信URLに送信します。
スポンサーリンク

【Google】スクリプトプロパティにLINEのトークンを保存する

1 ファイル』>『プロジェクトのプロパティ』の順で押下します。

【Google】プロジェクトのプロパティを押下する
【Google】プロジェクトのプロパティを押下する

2 『スクリプトのプロパティ』を押下します。

【Google】スクリプトのプロパティを押下する
【Google】スクリプトのプロパティを押下する

3 プロパティに『LINE_TOKEN』、値に『前回取得したトークン』を入力し、『保存』を押下します。

【Google】LINEのトークンを入力し、保存を押下する
【Google】LINEのトークンを入力し、保存を押下する
スポンサーリンク

【Google】ウェブアプリケーションの公開URLを取得

1 『公開』>『ウェブアプリケーションとして導入…』を押下します。

【Google】『公開』>『ウェブアプリケーションとして導入...』を押下する
【Google】『公開』>『ウェブアプリケーションとして導入…』を押下する

2 『Who has access to the app:を『Anyone,・・・』に選択し、『Deploy』ボタンを押下します。

【Google】『Deploy』を押下する
【Google】『Deploy』を押下する

3 承認画面が表示されるので、下の赤枠の順に押下します。

承認1
承認1
承認2
承認2
承認3
承認3
承認4
承認4
承認5
承認5
承認6
承認6

最後に表示されるウェブアプリケーションのURLが次の Webhook URLです!

スポンサーリンク

【LINE】LINE DevelopersにWebhook URLを設定する

1 LINE チャンネル基本設定のページに遷移し、『Webhook設定』の『編集』を押下します。

LINEチャンネル基本設定の遷移先は過去の記事を参考にしてください。

【LINE】Webhook設定
【LINE】Webhook設定

2 GASのウェブアプリケーションのURLを入力し、『更新』を押下します。

【LINE】WebhookURLの入力
【LINE】WebhookURLの入力

3 検証』を押下し、『成功』と表示されたらOKです。Webhookの利用を『ON』にします。

【LINE】WebhookURLの検証
【LINE】WebhookURLの検証
スポンサーリンク

LINEBOTが動作している様子

設定したBOTを友だち登録します。チャンネル基本設定のQRコードから友達登録してください。

【LINE】友達登録
【LINE】友達登録

サンプル機能

  • サンプル』としゃべると、『サンプルサンプルサンプル』と発言します。
LINEBOTが動作している様子
LINEBOTが動作している様子
スポンサーリンク

まとめ

くら
くら

なるべくシンプルな作りになるようにプログラムしてみました。

整理も兼ねて、コードにはコメントを多く入れているので、理解の手助けになれば嬉しいです。

コメント

  1. ばーん より:

    はじめまして。プログラミング未経験者です。
    ポストバックアクションの勉強の為に手順書通り操作をさせていただきましたが
    ラインで「サンプル」と入力しても「メッセージありがとうございます〜」としか帰ってきません。何が原因なのか教えてもらえませんでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました