GASで作る簡単なLINE BOTの作り方

くら
くら

こんにちは「くら(@arukayies)」です!

くら
くら

今回はGoogle Apps Script(通称GAS)で作成するLINE BOTの

簡単な作り方を紹介します。

無料のGoogleアカウントさえあれば作成可能なので、ぜひチャレンジしてみてください!

くら
くら

サンプル 』と発言すると、『 サンプルサンプルサンプル 』と返してくれるLINE BOTを作る手順を紹介します!

LINEBOTが動作している様子
LINEBOTが動作している様子

必要なもの

  • LINEアカウント
  • LINEBOTのチャンネルアクセストークン
  • Googleアカウント

GASのコードを追加する

1 最初に『 Googleドライブ 』へアクセスします。

2 『 新規 』>『 その他 』>『 Google Apps Script』の順で押下します。

【Google】新規を押下する
新規 を押下する
【Google】その他を押下する
その他 を押下する

【Google】Google Apps Scriptを押下する
Google Apps Script を押下する

3 プロジェクト名を設定します。好きな名前を入力し、『 名前を変更』を押下してください。

無題のプロジェクト を選択する
プロジェクト名を入力し、名前を変更 を押下する

4 コード.gs 』に以下のコードを貼り付け、名前を『 main 』に変更します、

1行目のトークンは事前に取得したLINEのチャンネルアクセストークンを入力してください。

main のコードを貼り付ける
main に名前を変える

main処理の説明

main の処理ではLINEから Webhock を受け取り、送られてきたイベントを処理します。

Webhockとは?

  • アプリケーションの更新情報を他のアプリケーションへリアルタイム提供する仕組みのことを言います。
  • ここではLINEの更新をGASに通知するという意味になります。

main処理の概要

  1. LINEから送られてきたデータをdoPost(e)のeで受け取ります。
  2. 受け取ったデータから、イベントタイプと返信するための宛先を取得します。
  3. イベントタイプが message の場合、messageController に送られてきたデータ、返信するための宛先を渡します。

5 ファイル 』>『 』 > 『 スクリプト』で新規にスクリプトを追加します。

名前をmessageController に設定し、以下のコードを貼り付けます。

スクリプト を追加する
messageController を貼り付ける

messageController処理の説明

特定文字列が含まれていた場合に、返信メッセージを組み立てる処理を行います。

messageController処理の概要

  1. LINEから送られてきたメッセージを取得します。
  2. メッセージに サンプル という文字列が含まれていた場合、サンプルサンプルサンプル という返信メッセージを組み立てます。
  3. 組み立てられた返信メッセージは replyLine に渡されます。その時に返信メッセージ、返信するための宛先を引数として渡します。

6 最後に replyLine 処理を追加します。以下のコードを貼り付けます。

スクリプト を追加する
replyLine を貼り付ける

replyLine処理の説明

LINEで返信する処理を行います。

replyLine処理の概要

  1. LINE返信URLに POSTリクエスト を送るためのパラメータを組み立てます。
  2. 組み立てたパラメータをLINE返信URLに送信します。

ウェブアプリをデプロイする

1 『 デプロイ 』>『 新しいデプロイ』を押下します。

デプロイ』>『 新しいデプロイ 』を押下する

2 『 デプロイ 』>『 新しいデプロイ』を押下します。

デプロイ 』>『 新しいデプロイ』を押下する

3 アクセス出来るユーザーを『 全員』に変更し、デプロイ 』を押下します。

アクセス出来るユーザーを『 全員』に変更し、デプロイを押下する

4 承認画面が表示されるので、下の赤枠の順に押下します。

承認1
承認2
承認2
承認3
承認3
承認4
承認4
承認5
承認5
承認6

最後に表示される ウェブアプリのURL が次の Webhook URLです!

コードを変更した場合は再度デプロイをすることで変更が反映されます!

LINE DevelopersにWebhook URLを設定する

1 LINE チャンネル基本設定のページに遷移し、『Webhook設定』の『編集』を押下します。

LINEチャンネル基本設定の遷移先は過去の記事を参考にしてください。

【LINE】Webhook設定
【LINE】Webhook設定

2 GASのウェブアプリケーションのURLを入力し、『更新』を押下します。

【LINE】WebhookURLの入力
【LINE】WebhookURLの入力

3 検証』を押下し、『成功』と表示されたらOKです。Webhookの利用を『ON』にします。

【LINE】WebhookURLの検証
【LINE】WebhookURLの検証

LINEBOTが動作している様子

設定したBOTを友だち登録します。チャンネル基本設定のQRコードから友達登録してください。

【LINE】友達登録
【LINE】友達登録

サンプル機能

  • サンプル』としゃべると、『サンプルサンプルサンプル』と発言します。
LINEBOTが動作している様子
LINEBOTが動作している様子

まとめ

くら
くら

なるべくシンプルな作りになるようにコードを書いてみました。

コードにはコメントを多く入れているので、理解の助けになれば嬉しいです。

コメント

  1. ばーん より:

    はじめまして。プログラミング未経験者です。
    ポストバックアクションの勉強の為に手順書通り操作をさせていただきましたが
    ラインで「サンプル」と入力しても「メッセージありがとうございます〜」としか帰ってきません。何が原因なのか教えてもらえませんでしょうか?

  2. naoki-o より:

    arukayies さん,はじめまして.

    LINE BOT作成のため,この記事で勉強させていただいていますが,

    「サンプルサンプルサンプル」と返答がありません.

    WebhookURL,トークンの値が正しいことも確認したのですが,どこが原因なのかわからない状態です.

    原因として,思い浮かぶものがあれば教えていただきたいです.

    よろしくお願いします.

    • arukayies より:

      はじめまして。naoki-oさん

      そうですね。。。
      なにも反応がない状態ですよね。
      現状のコードを共有してもらうことは可能でしょうか?

タイトルとURLをコピーしました