GASを使って特定メールがきたらLINEにリッチに通知させる方法

GASを使って特定メールがきたらLINEにリッチに通知させる方法LINE BOT
スポンサーリンク
くら
くら

以前こんなツイートしたので、今回は3個目を紹介します!

Slackの通知方法はちょっと調べたらいっぱい見つかるので、

今回はLINEへリッチに通知させる方法を紹介します!

くら
くら

LINEに通知させる方法もちょっと調べたら方法は見つかりますが、

リッチに通知させることにこだわりました!

くら
くら

こんな感じで動作します。

このようなメール内容をLINEに通知させてみます。

証券会社のメール

こんな感じにLINEに通知されます!

それでは詳細を解説していきます!

ちなみにツイート内の1個目のネタははこちらです。

2個目の『スプレッドシートの内容をSlackに通知』はこちらです。

スポンサーリンク

【GAS】コードを追加する

追加するコードは2つあります。

  • Gmailを検索して、LINEに通知する処理
  • メールを表示させるhtml

コードの追加方法は過去の記事を参考にしてください。

【コードの説明①】Gmailを検索する処理

指定の検索条件でメールを検索

// Gmailの検索条件を指定
  const searchGmail = "検索条件";

検索条件はGmailで検索する文字と同じ動作をします。

Gmai検索バー

通知したメールにはスターを付けるために、検索条件には” -is:starred”を追加しており、

スターが付いていないメールを検索する処理となっています。

  // 検索条件に「-is:starred」を追加して、1スレッドのみ検索
  const threads = GmailApp.search(searchGmail + " -is:starred", 0, 1);
ここがポイント!
  • 通知メールにスターを付けることで、同じメールは処理しないようにしています。

検索したメールを1件ずつ処理

  // 検索されたメッセージを1件ずつ処理
  for (let thd in messages) {
    for (let mail in messages[thd]) {
      let maiID = messages[thd][mail].getId(); // メールIDを取得
      let mailFrom = /"(.*?)"/.exec(messages[thd][mail].getFrom())[1]; // メールの宛名を取得
      let mailSubject = messages[thd][mail].getSubject(); // メールの件名を取得
      // メールデータをキャッシュに書き込む
      let cache = CacheService.getScriptCache();
      cache.put("mailBody" + maiID, messages[thd][mail].getBody(), 21600);
      // LINEに通知する
      pushMessage(maiID, mailFrom, mailSubject);
      // メールにスターを付ける
      messages[thd][mail].star();
    }
  }

スレッドに存在するメール1件ごとに以下の処理を行います。

  1. メールIDを取得する
  2. メールの宛名を取得する
  3. メールの件名を取得する
  4. メールデータをキャシュに書き込む
    • キー名を『mailBody + メールID』で保存することで各メールを保存しています。
  5. メールデータをLINEに送る処理に渡す
  6. メールにスターを付ける
ここがポイント!
  • キャッシュを保存するキー名を『mailBody + メールID』で保存することで各メールを保存しています。

【コードの説明②】LINEに送る処理

過去の記事でも紹介した『LINEでURIアクション』を送信する処理を使っています。

const payload = {
    to: To,
    messages: [
      {
        type: "template",
        altText: from.substr(0, 29) + "からメールがありました", // 40文字制限があるため、文字制限している
        template: {
          type: "buttons",
          title: from.substr(0, 29) + "からメールがありました", // 40文字制限があるため、文字制限している
          text: subject.substr(0, 60), // 60文字制限があるため、文字制限している
          actions: [
            {
              type: "uri",
              label: "メールの詳細はこちら",
              uri: appURL + "?mailID=" + id,
              altUri: {
                desktop: appURL + "?mailID=" + id,
              },
            },
          ],
        },
      },
    ],
LINE通知の内容
ここがポイント!
  • リンクにメールIDのパラメータを含めることで、各メールを判別しています。

【コードの説明③】メールを表示させる処理

ここがちょっと苦戦しました。。。

コードはこちらです。

/*
関数概要
 LINEの「メールの詳細はこちら」をタップしたら呼び出される関数
 メールIDから各メールのhtmlデータをキャッシュから呼び出して
 表示用のキャッシュに一時的に書き込みます
 
引数
 e イベントオブジェクト(起動時の情報が含まれています)
 
戻り値
 メールが書かれているhtmlを返す
*/
function doGet(e) {
  // パラメータからメールIDを取り出す
  const ID = e.parameter.mailID;
  // "mailBody"+IDのhtmlデータをキャシュから取り出す
  const cache = CacheService.getScriptCache();
  const mailBody = cache.get("mailBody" + ID);
  // 取り出したキャッシュを一時的に"mailBody"に書き込む
  cache.put("mailBody", mailBody, 21600);

  // サイズを調整して、htmlを返す
  return HtmlService.createHtmlOutputFromFile("index").addMetaTag(
    "viewport",
    "width=device-width, initial-scale=1.0, minimum-scale=1.0, maximum-scale=10.0"
  );
}
/*
関数概要
 表示用のキャッシュを取得します
 
引数
 なし
 
戻り値
 "mailBody"のhtmlデータを返す
*/
function getMailBody() {
  const cache = CacheService.getScriptCache();
  return cache.get("mailBody");
}

メールごとに保存してあるキャッシュを切り替えることで、各メールのhtmlを表示させています。

イメージはこんな感じです!

動作イメージ
ここがポイント!
  • キャッシュをメール毎に呼び出し、表示用のキャッシュに入れることで各メールを表示させています。

GASのhtml操作はこちらを参考にしました!

スポンサーリンク

【LINE】トークンを取得する

取得方法は過去記事を参考にしてください!

取得したトークンはコードのLINEのトークンと差し替えてください。

  // LINEで取得したトークン
  const token = "LINEのトークン";
スポンサーリンク

【LINE】userIDを取得する

取得方法は過去記事を参考にしてください!

取得したユーザーIDはコードのLINEの送信するユーザーIDと差し替えてください。

  // LINEで送信する宛先
  const To = "LINEの送信するユーザーID";
スポンサーリンク

【GAS】公開URLを取得する

取得方法は過去記事を参考にしてください!

取得したURLはコードのGASの公開URLと差し替えてください。

  // GASの公開URL
  const appURL = "GASの公開URL";
スポンサーリンク

【GAS】トリガーを設定する

設定方法は過去記事を参考にしてください!

設定のサンプルはこんな感じです。

トリガー設定
スポンサーリンク

【実行結果】LINEでメールを表示させてみた

特定メールは以下のメール内容としてみます。

証券会社のメール

LINEに通知されたらこんな感じになります!

スポンサーリンク

まとめ

くら
くら

パラメータによってhtmlを切り替える処理は他にも使えそう。

また、今回初めてGASのキャッシュを使ってみました。

これも使えそうだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました