GAS

GASでスプレッドシートの列方向に交互の背景色を設定する

GASでスプレッドシートの列方向に交互の背景色を設定するGAS
スポンサーリンク
くら
くら

GASでスプレッドシートの列方向に交互の背景色を設定する方法を紹介します!

こんな人にむけた記事です。
  • GASを使って、スプレッドシートの列方向に交互の背景色を設定したい人
スポンサーリンク

交互の背景色を設定する:applyColumnBanding()

指定した列方向に交互の背景色を設定します。

パラメータ

名前タイプ説明
なしなしなし

戻り値

Banding新しい交互の背景色

交互の背景色を設定する

function myFunction() {
  const sheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet().getSheets()[0];
  const range = sheet.getRange('A1:A15').applyColumnBanding();
}

このような状態から

applyColumnBanding() - 実行前1
実行前

サンプルコードを実行すると、

applyColumnBanding() - 実行後1
実行後

公式ドキュメント:Range > applyColumnBanding()

スポンサーリンク

交互の背景色を設定する(カラーテーマ指定あり):applyColumnBanding(bandingTheme)

指定した列方向に交互の背景色を設定します。(カラーテーマ指定あり)

パラメータ

名前タイプ説明
bandingThemeBandingThemeカラーテーマ指定します。(例:GREY)

戻り値

Banding新しい交互の背景色

交互の背景色を設定する(カラーテーマ指定あり)

function myFunction() {
  const sheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet().getSheets()[0];
  sheet.getRange('A1:E1').applyColumnBanding(SpreadsheetApp.BandingTheme.LIGHT_GREY);
  sheet.getRange('A2:E2').applyColumnBanding(SpreadsheetApp.BandingTheme.CYAN);
  sheet.getRange('A3:E3').applyColumnBanding(SpreadsheetApp.BandingTheme.GREEN);
  sheet.getRange('A4:E4').applyColumnBanding(SpreadsheetApp.BandingTheme.YELLOW);
  sheet.getRange('A5:E5').applyColumnBanding(SpreadsheetApp.BandingTheme.ORANGE);
  sheet.getRange('A6:E6').applyColumnBanding(SpreadsheetApp.BandingTheme.BLUE);
  sheet.getRange('A7:E7').applyColumnBanding(SpreadsheetApp.BandingTheme.TEAL);
  sheet.getRange('A8:E8').applyColumnBanding(SpreadsheetApp.BandingTheme.GREY);
  sheet.getRange('A9:E9').applyColumnBanding(SpreadsheetApp.BandingTheme.BROWN);
  sheet.getRange('A10:E10').applyColumnBanding(SpreadsheetApp.BandingTheme.LIGHT_GREEN);
  sheet.getRange('A11:E11').applyColumnBanding(SpreadsheetApp.BandingTheme.INDIGO);
  sheet.getRange('A12:E12').applyColumnBanding(SpreadsheetApp.BandingTheme.PINK);
}

このような状態から

applyColumnBanding() - 実行前2
実行前

サンプルコードを実行すると、

applyColumnBanding() - 実行後2
実行後

公式ドキュメント:Range > applyColumnBanding(bandingTheme)

スポンサーリンク

交互の背景色を設定する(カラーテーマ指定あり、オプションあり):applyColumnBanding(bandingTheme, showHeader, showFooter)

指定した列方向に交互の背景色を設定します。(カラーテーマ指定あり、オプションあり)

パラメータ

名前タイプ説明
bandingThemeBandingThemeカラーテーマ指定します。(例:GREY)
showHeaderBooleanTRUEの場合に、指定カラーテーマが最初の列に適用されます。
showFooterBooleanTRUEの場合に、指定カラーテーマが最後の列に適用されます。

戻り値

Banding新しい交互の背景色

交互の背景色を設定する(カラーテーマ指定あり、オプションあり)

function myFunction() {
  const sheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet().getSheets()[0];
  sheet.getRange('A1:E1').applyColumnBanding(SpreadsheetApp.BandingTheme.LIGHT_GREY, false, false);
  sheet.getRange('A2:E2').applyColumnBanding(SpreadsheetApp.BandingTheme.CYAN, true, true);
  sheet.getRange('A3:E3').applyColumnBanding(SpreadsheetApp.BandingTheme.GREEN, false, false);
  sheet.getRange('A4:E4').applyColumnBanding(SpreadsheetApp.BandingTheme.YELLOW, true, true);
  sheet.getRange('A5:E5').applyColumnBanding(SpreadsheetApp.BandingTheme.ORANGE, false, false);
  sheet.getRange('A6:E6').applyColumnBanding(SpreadsheetApp.BandingTheme.BLUE, true, true);
  sheet.getRange('A7:E7').applyColumnBanding(SpreadsheetApp.BandingTheme.TEAL, false, false);
  sheet.getRange('A8:E8').applyColumnBanding(SpreadsheetApp.BandingTheme.GREY, true, true);
  sheet.getRange('A9:E9').applyColumnBanding(SpreadsheetApp.BandingTheme.BROWN, false, false);
  sheet.getRange('A10:E10').applyColumnBanding(SpreadsheetApp.BandingTheme.LIGHT_GREEN, true, true);
  sheet.getRange('A11:E11').applyColumnBanding(SpreadsheetApp.BandingTheme.INDIGO, false, false);
  sheet.getRange('A12:E12').applyColumnBanding(SpreadsheetApp.BandingTheme.PINK, true, true);
}

このような状態から

applyColumnBanding() - 実行前3
実行前

サンプルコードを実行すると、

applyColumnBanding() - 実行後3
実行後

公式ドキュメント:Range > applyColumnBanding(bandingTheme, showHeader, showFooter)

スポンサーリンク

まとめ

くら
くら

スプレッドシートで列方向に交互の背景色を設定する方法でした!

表とかを自動生成して、整形するときに使えそうですね!

applyColumnBanding()の使いみち
  • 表とかの背景を交互にすると視認性アップするので、その時に使えそうですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました