GAS

GASでスプレッドシートの行または列全体に開発者メタデータを追加する

GASでスプレッドシートの行または列全体に開発者メタデータを追加するGAS
スポンサーリンク
くら
くら

GASでスプレッドシートの行または列全体に開発者メタデータを追加する方法を紹介します!

こんな人にむけた記事です。
  • GASを使って、スプレッドシートの行・列に開発者メタデータを追加したい人
スポンサーリンク

開発者メタデータのキーを追加する:addDeveloperMetadata(key)

行または列全体に開発者メタデータのキーを追加します。

パラメータ

名前タイプ説明
keystring開発者メタデータのキー名

戻り値

Rangeセルの範囲

行に開発者メタデータのキーを追加する

function myFunction() {
  const sheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet().getSheets()[0];
  const range = sheet.getRange('A:A').addDeveloperMetadata("test");
}

列全体に開発者メタデータのキーを追加する

function myFunction() {
  const sheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet().getSheets()[0];
  const range = sheet.getRange('1:1').addDeveloperMetadata("test");
}

公式ドキュメント:Range > addDeveloperMetadata(key)

スポンサーリンク

開発者メタデータのキーとアクセス種別を追加する:addDeveloperMetadata(key, visibility)

行または列全体に開発者メタデータのキーとアクセス種別を追加します。

パラメータ

名前タイプ説明
keystring開発者メタデータのキー名
visibilityDeveloperMetadataVisibilityDOCUMENT:ドキュメントアクセスできる人
PROJECT:プロジェクトにアクセスできる人

戻り値

Rangeセルの範囲

行に開発者メタデータのキーを追加する(DOCUMENTの場合)

function myFunction() {
  const sheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet().getSheets()[0];
  const range = sheet.getRange('A:A').addDeveloperMetadata("test",SpreadsheetApp.DeveloperMetadataVisibility.DOCUMENT);
}

列全体に開発者メタデータのキーを追加する(PROJECTの場合)

function myFunction() {
  const sheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet().getSheets()[0];
  const range = sheet.getRange('1:1').addDeveloperMetadata("test",SpreadsheetApp.DeveloperMetadataVisibility.PROJECT);
}

公式ドキュメント:Range > addDeveloperMetadata(key, visibility)

スポンサーリンク

開発者メタデータのキーと値を追加する:addDeveloperMetadata(key, value) 

行または列全体に開発者メタデータのキーと値を追加します。

パラメータ

名前タイプ説明
keystring開発者メタデータのキー名
valuestring開発者メタデータのキーに紐づく値

戻り値

Rangeセルの範囲

行に開発者メタデータのキーと値を追加する

function myFunction() {
  const sheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet().getSheets()[0];
  const range = sheet.getRange('A:A').addDeveloperMetadata("test","hoge");
}

列全体に開発者メタデータのキーと値を追加する

function myFunction() {
  const sheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet().getSheets()[0];
  const range = sheet.getRange('1:1').addDeveloperMetadata("test","fuga");
}

公式ドキュメント:Range > addDeveloperMetadata(key, value) 

スポンサーリンク

開発者メタデータのキーと値とアクセス種別を追加する:addDeveloperMetadata(key, value, visibility)

行または列全体に開発者メタデータのキーと値とアクセス種別を追加します。

パラメータ

名前タイプ説明
keystring開発者メタデータのキー名
valuestring開発者メタデータのキーに紐づく値
visibilityDeveloperMetadataVisibilityDOCUMENT:ドキュメントアクセスできる人
PROJECT:プロジェクトにアクセスできる人

戻り値

Rangeセルの範囲

行に開発者メタデータのキーと値を追加する(DOCUMENTの場合)

function myFunction() {
  const sheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet().getSheets()[0];
  const range = sheet.getRange('A:A').addDeveloperMetadata("test","hoge",SpreadsheetApp.DeveloperMetadataVisibility.DOCUMENT);
}

列全体に開発者メタデータのキー値を追加する(PROJECTの場合)

function myFunction() {
  const sheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet().getSheets()[0];
  const range = sheet.getRange('1:1').addDeveloperMetadata("test","fuga",SpreadsheetApp.DeveloperMetadataVisibility.PROJECT);
}

公式ドキュメント:Range > addDeveloperMetadata(key, value, visibility)

スポンサーリンク

まとめ

くら
くら

スプレッドシートで行または列全体に開発者メタデータを追加する方法でした!

メタデータとしてデータ管理するときに使えそうですね!

メタデータを取得する方法はこちらをどうぞ!

メタデータを検索する方法はこちらです!

addDeveloperMetadata()の使いみち
  • 表向きは見せたくないけど、GASで使いたいデータを仕込む時に使えそうですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました