GAS

GASでスプレッドシートの指定範囲をアクティブ(選択状態)にする

GASでスプレッドシートの指定範囲をアクティブ(選択状態)にするGAS
スポンサーリンク
くら
くら

GASでスプレッドシートの指定範囲をアクティブにする方法を紹介します!

こんな人にむけた記事です。
  • GASを使って、スプレッドシートの指定範囲をアクティブにする方法を知りたい人
スポンサーリンク

指定範囲をアクティブにする:activate() 

指定範囲をアクテイブに設定し、指定範囲の左上をアクティブセルにします。

パラメータ

名前タイプ説明
なしなしなし

戻り値

Rangeセルの範囲

指定範囲をアクティブにする

function myFunction() {
  const sheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet().getSheets()[0];
  const range = sheet.getRange('B2:D10');
  range.activate();
}

このような状態から、

activate() - 実行前
実行前

サンプルコードを実行すると、

activate() - 実行後
実行後

公式ドキュメント:Range > activate()

スポンサーリンク

まとめ

くら
くら

スプレッドシートで指定範囲のセルをアクティブにする方法でした!

自動でA1セルをアクティブにする時とかに使えるかもしれません。

(A1セルに揃えたくなるのは僕だけでしょうか? 笑)

activate()の使いみち
  • 指定箇所をアクティブにさせたい時に使えそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました